音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 / フルニエ, セル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1962/2017 SACD)

ふと思い立ってフルニエのチェロ。

ドヴォルザークをお題に、勇ましくもたおやかに。

この時代のチェリストで好きなのは、フルニエ、シュタルケル。響きがヴィンテージなのよね。古くなく、重みを感じさせつつ、瀟洒。

現代のチェリストで、好みなのはカピュソン。歴史を尊重しつつ、現代の音を作っている。

チェロはいいねぇ。