音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

フランツ・シュミット:交響曲第3番 / ヤルヴィ(パーヴォ) , フランクフルト放送交響楽団 (2020 48/24 Amazon Music HD)

手元にCDがあるのだけれども、先ほどからの流れでついでにAmazon Music HDにて再生。クラシック音楽と24bitとの相性はもちろんよろしいので。

シュミットの楽曲は蕩々と流れる大河のごとく、緩やかかつ壮大にマクロ的に展開されていくと言ったイメージ。この第3番ではそれが顕著に現われていた。

自分の持っている語彙で行くと、比較的平らに均され、かつ長尺ではないブルックナーといった感。ブルックナーよりは眠くはならないのですがね。