音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2017-03-19から1日間の記事一覧

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番-第6番 / カール・リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団 (1967/2016 SHM-SACD)

友人が持ち込んだSHM-SACD。リヒターの指揮は一度も聴いたことがなかったのだけれども、その最初の音が出た瞬間にノックアウトを喰らった。「クラシックに録音年代は関係ない」というクラシックの師匠様の言葉がその瞬間に頭をよぎった。濃厚なのだけれども…

chouchou / 上白石萌音 (2016 ハイレゾ 96/24)

このシステムでこのアルバムを聴いてみたかった。とても柔らかい。これだけで僕はもう幸せです。山に来た甲斐があった。

MOONGLOW / 山下達郎 (1979/2002 FLAC)

いくら2002年のリマスタであっても、やっぱりこの音のクオリティで1979年作品というのは反則だと思うのですよ。

A Head Full of Dreams / Coldplay (2015 ハイレゾ 192/24)

ブリリアントなアルバムで、という一言でこのアルバムを再生開始。

moondance / Van Morrison (1970/2013 ハイレゾ 96/24)

山荘、朝の1発目に。「爽やかなのがいいっすかねー?」 「そもそも爽やかって何だ?」などと、どうでもいい会話を交わしながらこの1枚を選ぶ。うん、爽やかといえば、爽やか。