音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-08-24から1日間の記事一覧

Insomnia / 鬼束ちひろ (2001 FLAC)

MDR-M1STのリケーブルが届いたので、早速装着した上で、オーテクのヘッドホンと雌雄決戦。結局、オーテクの音が乾きすぎていて驚くくらいにカッサカサだったので、あっけなく勝負はつきましたが。ドライなオーテクの音は好きだったのに、ここまで差がついて…

SENTIMENTALovers / 平井堅 (2004 FLAC)

寝ても覚めてもMDR-M1ST。はぁ。ボーカルのリアリティが大したものだわ。あとベースラインね。耳がどうしてもその2点に向かってしまう。ドラムの音と定位もかっちり決まって心地よい。もうこれ以上何を聴いても、同じ感想しか出てこないのではないだろうか。

氷の世界 / 井上陽水 (1973/2018 ハイレゾ 192/24)

MDR-M1ST祭りはどこまでも続く。曲ごとに異なるミックスのその差や、楽器の定位、バランス、そう言ったものを克明に描き出してくれる。曲ごとのそれら統一感がないことが、逆に曲を楽しむスパイスになっているという結果に。色々と見えすぎて辛い…もとい、面…

Life is going on and on / MISIA (2018 ハイレゾ 48/24)

どこまでも限りなくMDR-M1ST。ローの音が空気を伴って再生されるあたりに、低域方向の伸びにポテンシャルがあると実感させられる。ここまでローの音が入っていたとはね。もちろん中高域の煌びやかさも耳に刺さらない程度に楽しめるのであります。音源自体の…

ACCESSⅡ / access (1993/2017 ハイレゾ 96/24)

目覚めてもMDR-M1STにて。このエネルギー感が味付け無しで再生されると、なかなかに剥き出しの音として楽しむことが出来るのであります。ACCESS II 【Hi-Res】