音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-01-10から1日間の記事一覧

THREE CHORDS AND THE TRUTH / Van Morrison (2019 ハイレゾ Amazon Music HD)

何から何までいぶし銀の渋さ。若い頃のヴァン・モリソンもいいけれども、この歳を重ねたボーカリゼーションの彼もまた素敵に映るのです。声が生き生きとしているよね。こう言ったサウンドをゆったりと楽しめるようになったのは、中年になって良かったことの…

Sweet Baby James / James Taylor (1970/2019 ハイレゾ Amazon Music HD)

なんだ、この音の良さは。そして音楽としての聴きやすさ。1970年代のSSWが織りなす音楽と言うこともあってか、音作りがシンプルで、それがまた曲の味を十二分に引き出している。これはちょっとあれですね。192/24のオリジナルハイレゾ音源が欲しいですね。

Light As A Feather / Chick corea and Return To Forever (1973 ハイレゾ 96/24)

軽く流しておりました。前半が退屈なアルバムだと思いこんでいたのに、今ならば聴ける。優しい音が耳に染み渡る。

Thing to Do / Blue Mitchell (1965/2016 ハイレゾ 192/24)

寝たり起きたりの繰り返し。どうにもこうにもシャッキリとしない。致し方ない。3連休中に調子が上がるといいのだけれども。と言うことで、明るい感じのジャズで。

ブラームス:交響曲第3番 / ベーム, ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1975/2019 SHM-SACD)

全くもって心に火が入らない。昨日の元気はどこへ行ったのか。

シューマン:チェロ協奏曲,チェロのための室内楽作品集 / ゴーティエ・カピュソン, ベルナルト・ハイティンク, ヨーロッパ室内管弦楽団, 他 (2019 CD-DA)

流してはいたが、聴いていたのか聴いていなかったのか。気がついたらディスクが終わっていた。

マーラー:交響曲第7番 / テンシュテット, ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (1979/2014 FLAC)

結局8時半過ぎまで椅子の上で寝ていた。慌てて欠勤の旨メールを書き、その後、病院に予約を入れる。

infinite synthesis 5 / fripSide (2019 ハイレゾ 96/24)

昨夜は普通に眠って、今朝も目覚ましが鳴るちょっと前に目を覚まして。その段階ではいつもの朝のダルさだったのです。しかしシャワーを浴びても気分が切り替わらず。それどころか、メンタルが全く上向かない状態。朝食までは普通の時間に摂るが、その後スタ…