音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-04-24から1日間の記事一覧

スレイヤーズ MEGUMIXXX / 林原めぐみ (2020 FLAC)

時間を持て余し気味に。

Timely!! / 杏里 (1983/2011 FLAC)

いいアルバムなんだよね、これが。角松敏生さんがいい仕事をしていらっしゃる。杏里の作品なのだけれども、変に夏に大揺れしてなくて、通年聴ける雰囲気なのもまたよろしいのかと。

1st OPTION (2015 REMASTERED) / BARBEE BOYS (2015 96/24)

持ってはいたけれども相当しばらくの間聴いていなかった。1stからしてBARBEE BOYSはBARBEE BOYSですな。1st OPTION (2015 REMASTERED) 【Hi-Res】

We are the Fellows / ASKA (2018 96/24)

なんだか久しぶりに日本語の音楽を聴いたような気がするのだけれども、気のせいだろうか。

Walking Man / James Taylor (1974/2019 192/24)

何かしら気分が落ち着かない理由は、机の棚の中を断捨離しまくって、目の前の視覚環境が大幅に変化したからだということに気がつく。ゴミと無駄ばかりを処分したはずなのに、なんとなく喪失感があるのだよね。断捨離後によくあること。そのようなちょっとし…

A Head Full of Dreams / Coldplay (2015 192/24)

ぬぼーっとしている間に夕方ですよ。

YEAR OF THE CAT / Al Stewart (1976/2014 FLAC)

14時半頃に起きるという体たらく。さて、Shureが事実上の相当久しぶりになる新製品を発表したわけで。3種類のラインナップの中で、非常に興味を惹かれたのが型番「4」。1BA+DDと言うのはこれまでのShureになかった構造。ShureがDDを取り入れたその音がとても…

Penny Arcade / Joe Farrell (1973/2013 DSD64)

何だかよく分からない時間を過ごしております。音楽を聴く意外、何もしておりません。かと言って、音楽に集中しているわけでもございません。1時半か。

Tapestry / Carole King (1971/2014 DSD64)

日付が変わったのだが、何が楽しくてこのような時間まで起きているのか、自分でもよく分からない。