音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-01-19から1日間の記事一覧

Dear Friends 2 / SPEED (2000 Amazon Music HD)

そんなこんなで2枚連続で聴いた次第。ついでに、オークションサイトで、この2枚が送料込み500円で出ていたのでお買い上げ。いや、その、「SPEEDっていいなぁ」と再認識させられたものでね。勢いがキレイにパッケージされていると言いますか、むしろ、勢いが…

Dear Friends 1 / SPEED (2000 Amazon Music HD)

音楽ナタリーでの島袋寛子と伊秩弘将とのPRインタビュー記事を読んでいたら、ボックスセットを買うとまではいかないまでも、自分がしっかりとは通っていなかったSPEEDの音源が聴きたくなったので、手始めにこれを。リアルタイムでは弟の方がSPEEDに熱中して…

three cheers for our side / Flipper's Guitar (1989/2006 FLAC)

この作品、1989年なのか。なんだ、この色褪せないポップネスと甘酸っぱさは。なんだか今日は、狙ってもいないのに90年代前半までの作品を流し続けているな。

WONDER 3 / Dreams Come True (1990 FLAC)

なんとなく聴いていた。今聴いてみても、なかなか聴かせるアルバムでして。何よりも、まだこの3人が音楽制作において小難しいことを考えていないところがよいのではないかと。

The Very Best of ORIGINAL LOVE / ORIGINAL LOVE (1995 FLAC)

少し古めのJ-POPで朝を送りましたとさ。

君が笑うとき君の胸が痛まないように / 槇原敬之 (1990 FLAC)

槇原敬之の至高にして最高傑作ですな。この軟弱なラヴソングのみで構成された1stアルバムが。

electrock / move (1998 FLAC)

22時就寝5時起床。本日の朝一に。ところが、半分ほど聴いたところで力尽き、椅子の上で7時前まで眠りこける。