音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-03-03から1日間の記事一覧

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 / カール・リヒター, ミュンヘン・バッハ管弦楽団 (1967/2020 SACD)

久しぶりにバッハを聴いたような気がするのだけれども。音楽の知の泉としてのバッハがここにはあるね。そして活力を伴うバッハが。6 Branderburgische Konzerte | 製品トップ | エソテリック:日本のハイエンドオーディオメーカー | ESOTERIC

ブラームス:ピアノ4重奏曲 / ニコラ・アンゲリッシュ, ルノー・カピュソン, ゴーティエ・カピュソン, ジェラール・コセ (2007 FLAC)

薄く流しながら、少し長いメールを書く。その後に、部屋の模様替え的な作業を。そして指と爪の間に鋲を突き刺して流血。

iv / SawanoHiroyuki[nZk] (2021 96/24)

あら。随分とポップに振れたSawanoHiroyuki[nZk]ですこと。前作に引き続き、聴きやすいインダストリアルポップとでも言うべき音源。2回聴いたけれども、聴き疲れることもなく、聴き飽きることもなく。これは愛聴出来そうな予感がする。

COBALT HOUR [Remastered 2019] / 荒井由実 (1975/2019 96/24)

帰宅してこれを聴きながら一息。聴き終える頃には、午後に回そうと思っていた用事を昼のうちに片付けるべく、準備を開始しておりました。あまりゆっくり聴いている余裕がなかった。

PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary“ALL TIME SINGLES” [Selected] / ポルノグラフィティ (2013 FLAC)

午前中の用事を片っ端から片付ける。

infinite synthesis 2 / fripSide (2014 96/24)

本日の朝一に。