音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Beauty & RUIN / Bob Mould (2014)

前作に比較すると、ややパワーが衰える印象。それもあって、今までそれほどヘビーローテーションにはしてこなかった。

もし前作がなければ、これはこれでBob Mouldの痛快な復活作!と喜んだのだろうけれども、前作のまとまり具合、パワー、メロディ、どれを取っても全盛期のBobが戻ってきた!というお祭り騒ぎだったので、どう考えてもこのアルバムは少々影に隠れてしまう感があるのだよな。やや肩の力を抜いて自分のメロディと個人として向き合うというイメージか。少々パーソナル路線に逆戻りしたかな。