音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

WOOL / SMAP (1997 FLAC)

朝、目覚めるとSMAP解散のニュースが。「ほほう、ついにこの時が来たか」と思いつつも、メンバー全員が事務所に残るというのは過去のジャニーズのユニット解散ではあり得なかった話なので、そう言う意味でも「ジャニーズ」という括りはそれほど大きな物になっていたのだな、と実感。

僕にとってすれば、彼らがこれまで残してくれた曲があればそれで十分なのです。そこにありがとうと言いたい。リアルで「グループ」として活動しているか否かは比較的どうでもいいのです。

と言う事でこの作品を再生。SMAPとフュージョン畑ミュージシャンが四つに組んだ素晴らしいベスト盤であります。こう言った財産を残してくれたことに感謝をするのです。