音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

微吟 / ちあきなおみ (2019 FLAC)

「喝采」しかまともに聴いたことがなかったちあきなおみを真剣に聴いてみようと接収。

そしてすっかり度肝を抜かれた自分がここにおります。なに、この圧倒的な表現力。

特にアルバム中盤のライヴ音源3曲が白眉。こんなものを目の前で見たら、きっと数日口がきけなくなるほどにショックを覚えるのではないかと。

昭和の演歌歌謡曲ジャンルの歌手には、本当にこんなお化けのような人が何人かいたのよ。伝説クラスになってしまう人が。それを改めて実感させられた次第。

それにしても「この曲もちあきなおみが歌っていたのか」と言った曲がゴロゴロと転がっているこのアルバム。聴いておいてよかった。中年になった今だからこそ、耳と心にダイレクトに響くのだろうな。