音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ココロに花を / エレファントカシマシ (1996 FLAC)

青春探訪記、まだ続くよ。

このアルバムについては記憶が混濁している。「青春の痛み」に該当するようなシチュエーションでは聴いていなかったのでは?と思えるほど。それでもやはり自分の青春時代を支えていた一葉であることは間違いなく。

短期間かつ集中的な思い出と共にある作品と言う訳でもなく、その期間を広く長く共にしていたのかもしれない。浮き沈みの激しい中で、どんな時であってもそこにいたような。