音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

DISPENSATION / JIMSAKU (1996 FLAC)

角松敏生祭りがまだ続いているわけでもないのだけれども、JIMSAKUのこの作品。発売当時には手元にあったのだけれども、その後どこかへと行ってしまいました。音源もなかったので、ヤフオクにて適度な値段のものを発見し接収であります。

当時は、この角松敏生臭さがわりと苦手だったのです。自分の若気の至りもあって「JIMSAKUが何をやりたいのがさっぱり分からねぇ!」とこの作品を放りだしたのでしょう。

今聴いてみると、お洒落にテクニカルと言った具合で、これまた結構、グルーヴが身体にすんなりと入ってきます。

角松敏生のオーバープロデュースっぷりはいつものことなのだけれども、それも今聴いてみれば決して悪くはない。元々フュージョン的アプローチは得意な人ですから。

こうなってくると、今度はSHAMBARAの音源が欲しくなってくるよね。しかしながらそれはあまりにも高値で取引されているので、正直手は出せません。いつかはフルアルバムで聴いてみたいものなのだけれども。

DISPENSATION