音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 / カルミニョーラ, マルコン, ヴェニス・バロック・オーケストラ (2006/2018 SHM-CD)

朝に向けて頭が緩やかにスタックしていくのを感じる。ある意味において至福の時。

ふと思い立ってカルミニョーラおじさんによるヴィヴァルディ。1枚を通して聴く。

このアルバム、実によろしいではありませんか。何よりもオケが素晴らしい。ブリリアントの極み。清らかな空気を耳の中に届けてくれる。古楽を聴いているという気分にも浸らせてくれる。

こう言った作品こそ山荘で聴きたいものなのだけれども、山荘に入ったら入ったで、そんなことはすっかりと忘れてしまうのだよね。