音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

FOUR SEASONS / THE YELLOW MONKEY (1995/2013 BSCD2)

コンパクトなのだけれども濃厚。

THE YELLOW MONKEYは『SICKS』が名盤認定されることが多く、それに異存はないのだけれども、迷いのない、かつグラマラスなロックンロールアルバムとしては、本作も実はそれと並んで甲乙つけがたいほどに名盤だと思うのです。

FOUR SEASONS