音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

無罪モラトリアム / 椎名林檎 (1999 FLAC)

朝から最寄りの駅まで往復1.5kmを自転車で。帰宅して後、一息ついてから、その次に近い駅まで往復3.0kmを自転車で。曇り空をよいことに買い物へ。

最後は身体がガス欠になって帰宅。

アイスコーヒーとアイスを摂りながら、このアルバムを。

いつの間にかごくごく普通のロックアルバムとして聴けるようになっていた。それほどまでに「椎名林檎」というアイコンの登場の方に、当時は心奪われてしまっていたのだな。正常な判断が出来なかったのだ。

無罪モラトリアム