音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

gaining through losing / 平井堅 (2001 SACD)

ふと思い立ちまして。

NEO iDSDのバランス接続を利用してSACDを聴くことは出来ないかと。

結論からすればDSDで聴くことは絶対に不可能なのですがね。それでもPCM変換させれば聴けるのではないかと。ある種のダウンコンバート。

Blu-rayプレイヤーがSACD対応だったよなぁ…と思い出し、こいつがHDMIスプリッタに接続されているので、そこからPCMで拾えるのではないか?と思い至ったのです。

思い立ったが吉日。やってみましょう。

DACとNEO iDSDとは既にTOSで接続してあったので、配線を一切変えることなく下記の伝送経路でBlu-rayプレイヤーからNEO iDSDまで音を流しましたよ。

Blu-rayプレイヤー→HDMIスプリッタ→DAC→NEO iDSD

配線を変えればDACはスルーできるのだけれども、まぁ、それはそれとして。

結果、無事にと言いますか、案の定と言いますか、176.4/24で出力されました。出音も問題なし。しっかりと24bitしてます。

で、この音源を聴いていた次第。欲を言えばキリはないけれども、これでSACDをバランスアウトから聴くことが出来たわけで、そちらのメリットを取りましょう、と。

こう言った作業をしているのは楽しいですよ。

gaining through losing