音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-06-15から1日間の記事一覧

20years. / the band apart (2018 FLAC)

久しぶりに「b」ではない方のATH-MSR7にて再生。DAPからの接続とは大きく音の傾向が異なり、アンプのヘッドホンアウト接続であることと、オヤイデのケーブルを使っていることとの相乗効果で、線の太い音になる。元々ATH-MSR7がモニタ寄りの音の割りには、そ…

SABRINA HEAVEN / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT (2003 FLAC)

分厚いギターの響きに身を捧げるのであります。

SINGularity / 西川貴教 (2019 FLAC)

音圧と音数の洪水に溺れたかった。満足している。

Liquid Spirit / Gregory Porter (2014 ハイレゾ 96/24)

雨の土曜日。その夕方。ジャズな気分だった。いぶし銀のテノールが鳴る。Liquid Spirit 【Hi-Res】

Jazz / Casey Abrams (2019 ハイレゾ 192/24)

午睡後に。ウッドベースがブリブリ言う、面白い高品質録音のスタンダードジャズアルバム。ジャズボーカルは比較的苦手だと思っていたけれども、気がついたら普通に聴けるようになっていた。スタンダードナンバーだからかな。

我好嗎?-太陽如常升起 / 梁靜茹 (2019 CD-DA)

届きましたよ。待つこと10日。台湾からの取り寄せで入手。国内業者から買うと5,000円近くするものが、国際郵便の送料込みで3,500円ほどで買えました。真っ当な価格設定というのは、こう言うものを指す。さて、中身。もうApple Musicで何度か聴いてはいるので…

ヨジー・カズボーン~裏切リノ街~ / 吉井和哉 (2015 FLAC)

TuneBrowserのジャケット写真をシャッフルさせて選んだ1枚。特に深い意味はない。こう言う無茶苦茶なカバーアルバムもたまには聴きたくなる。手元にあるという記憶は全くないのだけれども。

We are the Fellows / ASKA (2018 ハイレゾ 96/24)

この人の書くメロディには、大きくスコアリングされたアレンジに負けない強さがあるのだよね。その相乗効果が独自のポップスを作り上げていることがよく分かる。We are the Fellows 【Hi-Res】

No Damage Ⅱ / 佐野元春 (1992 FLAC)

なんとなく聴きたくなったので。この時代の佐野元春は大好物ですのでね。

Funky Flag / 鈴木雅之 (2019 ハイレゾ 96/24)

本日の朝一に。さて、休職最後の土日であります。あいにくの雨ですが。今日は一日家の中でのんびりしていろ、と言うことですな。Funky Flag 【Hi-Res】