音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

自暴自伝 (文春文庫PLUS) / 村上ポンタ秀一 (20606文庫)

構成は真保みゆき。

うっかり立ち読みしてみたら、録音暴露話が面白すぎて思わず買い。まだ読んでいる途中だけれども、出てくる曲という曲が聴きたくなってしまい、なかなか先に進まない。

今のところの一番の驚きは中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」が打ち込みドラムじゃなく、村上ポンタの生ドラムだったということで。もちろん聴き返してあんぐり。いたいけな小学生を騙すドラマーなんてロクでもない。