音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

DocumentaLy / サカナクション (2011)

何か新発見はないものかと思って聴いてみたのだが、結果として何も見つからなかった。所々にアイディアは散りばめられているのだけれども、それも新鮮味があるというものでもない。新鮮味よりもどこかで聴いたことのあるような使い古されたひらめきと、強引に最後まで寄り切ってしまう力業とで構成されているようにも思える。大学生や専門学生の世代ならきっとのめり込むことは出来るのだろうけれども、感性が鈍磨してそして蓄積もされている中年男性には、特にこれと言って響くポイントが見つからなかった次第。