音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ゆらゆら帝国のしびれ / ゆらゆら帝国 (2003)

図書館にて接収。こんなものまで置いてあるのか。

ということで、その昔、一度聴いてはみたけれども挫折したゆらゆら帝国。『空洞です』が非常に自分の耳にフィットしたので、その勢いを借りて過去の作品にさかのぼってみるのもいいのではないかと判断して借りてきた。今なら自分の耳でも聴けるのではないかと確認すべく。

で、同時発売の『…めまい』『…しびれ』の『しびれ』からまず再生。

…。

うはー。気が触れている人の音楽だわ、これ。しかも確信犯。こう持ってくれば、こう解釈されるだろうという目に見えない精神的コールアンドレスポンスが確立されている。言い換えれば、相手がいないのにテレパシーを飛ばしているような精神世界での寓話集。非常にキチガイ。それもキチガイの最終形態というのではなく、進化の途上ではないかと思わせるような不思議なマージンが存在する。そのテレパシーを受け取れるか否かで、この音楽は判断されなくてはならないのかもしれない。音楽として捉えるのではなく、精神上での意思疎通を成功させなければ、きっとこの世界は理解できない。

僕ですか?理解できません。少なくとも上述のことだけは想像できたけれども、理解にまでは至らなかった。まだキチガイとしての修行が足りていない。音としてその歪んだ世界を鑑賞するに過ぎないところで終わってしまった。今後自分がキチガイになるようなことがあったら、積極的にこの作品を聴いて行こうと思う次第。まだまだ「修行しているぞ」という気分にさせられてしまうのだから、世界についていけていないのだろう、と。