音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Good-bye My Loneliness / ZARD (1991)

デビューアルバム。

tr.1こそその後のZARDに通じる「無害な安心感」が、初めてのレコーディングからくると思われる緊張感とともに味わえるのだけれども、問題はその後の路線。もうこれがひたすらロック。ZARDがブレイクした後も、アップテンポなロック調楽曲は披露されていたけれども、それにしても意外すぎるほどに意外。ここまで攻める展開だったとは。このアルバムだけ聴けば「揺れる想い」などのミディアム路線は逆なる意外性があったのかもしれない。

基本的には1stミニアルバムということで、冒険作という位置づけにしておきましょう。まだまだ方向を模索している印象。その後のZARDに続くサムシングも薄い。アレンジにZARDというクレジットもあり、ZARDがバンドだったことを象徴している作品であるとも言える。ああ、そういえばロックバンドだったのね、的な。

作家陣はその後のヒット連発ZARDを支える路線なのだけれどもねぇ。