音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

triology / クラムボン (2015) Hi-Res

インタビューを読む限りでは今作は期待出来る何かが眠っていそうだったので、どうにかして入手しようと考えていたところにハイレゾ配信の情報が。これ幸いと購入を決め、今朝、ダウンロード。

で、先ほどヘッドホンにて第1回の再生が終わったところ。スピーカーで聴けないのは、夜だからであります。

しかし、あくまでもヘッドホンで聴く限りでの話だけれども、ハイレゾの限界に挑戦するかのように思いっきり突っ込んでいるな。破綻しそうな勢いなのだけれども、そこがまたいい。この音圧を数値で可視化したら、卒倒する人は卒倒してしまいそうだけれども。パワー型ハイレゾの極みですな。スピーカーで聴いたらどんな世界が待ち受けているのだろうか。

楽曲的にもアグレッシブな曲が並び、『JP』がマイフェイバレットだった自分からすると、この勢いの良さは十分にアリですよ。空気みたいなクラムボンも悪くはなかったけれども、やっぱりスピード感とポップ感のあるクラムボンの方が断然好みだわ。曲もよし、ハイレゾの破壊力もよし、いい音源であります。