音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

GORO IN NEW YORK -異邦人- / 野口五郎 (1977/2013)

帰り道に。

外国人ミュージシャンに弾かせすぎない、かつ日本での録音では実現出来ない、一風変わったA.O.R作品を作りたかったのかしらん?と思いながら聴く。無論、これはこれで悪くないっすよ。なかなかいい感じ。野口五郎のボーカルも楽器の一部的にミックスされて、いいバランス。