音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Somehow hear songs. / cattle (2015 CD-DA)

本日のTSUTAYA詣でにての思わぬ掘り出し物。シューゲーズでポップだと書いてあったので「これでハズレだったら一生恨むからな」と思いながら手に取った次第。

で、実際に再生してみれば、これが本当にシューゲーズでポップでかつキュート。メロディも下手に主張せず、うまくトラックに溶け込んでいる。ボーカルもかわいらしくていい感じ。それでいてチープなところが一切ない。「なかなかやるじゃん」と思い、プロデューサクレジットを見たらなんとZEPPET STOREの五味誠。なるほど、ポップの匙加減が上手いと思ったのはそう言う理由からかと一人納得。いや、本当にこれは掘り出し物ですよ。

NARASAKIさん本業のcoaltar of the deepersのレコーディング活動が休眠状態なので、こういう代替の利かない音楽はかけがえのない存在なのであります。当たり。