音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

MEANING / TRI4TH (2016 FLAC)

今をときめく(?)Playwrightレーベル所属のジャズ・インストゥルメンタル集団のベスト盤。初めて名前を聞くアーティストではあったけれども、Playwrightレーベルと言う信用の印があったので「これはいい方に転んでくれるかも?」と期待をしてレンタル。

結果。よろしいです。やんちゃなジャズからユーモアを振り掛けたインストゥルメンタルまで、その振れ幅は相当に広く、かつ聴き手を飽きさせない。それはベスト盤ならではか。全曲録り直しをしているとのことで、そこから得られる統一感も十分にある。「日本の現代ジャズの一片はこういったところにもあるのだな」と納得させられる作り。全体的に雰囲気が明るいのもまた好印象。ヴィレヴァン系と言ってしまえばそれまでではあるけれども、その括りすらも味方につけるだけの滋味ある楽曲群。これはいいインストゥルメンタルであります。

オススメ。