音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第4番 / バレンボイム, シカゴ交響楽団 (1977/2010 CD-DA)

若き日のバレンボイム。明らかに溌剌として意気揚々といった感のシューマン。

バレンボイム自身、相当な自信に満ちあふれていたのだろうなと、勝手に思いを巡らせるわけでありますよ。