音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第7番 / ヤルヴィ(ネーメ), エーテボリ交響楽団 (2003/2017 CD-DA)

シベリウスは不思議だ。

聴き終わると「つまるところ、人は独りなのである」という、深い孤独に立たされる。

しかしそれは哀なる孤独なのではなく、独りであるからこその希望のようなもの。

自らを鎮め、穏やかにあろうとする孤独を愛する人々が、世をかき乱すことに罪悪を覚えない人々に、どうか心を踏みにじられませんように。

祈りにも似て、シベリウスを捧げます。

希望を見出すことが困難であるこの時世に。