音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

avex revival trax / V.A. (2020 Amazon Music HD)

avex黄金期、1990年代のヒット曲を今にリバイバル、的な企画アルバム。

全ての曲を通ってきた自分世代の音楽ではあるけれども、この企画は一体どの層に訴求させようとするビジョンを持って作られたのだろうか。

通して聴くと、改めて、いかに原曲が過不足なく、かつ盤石の作りであったかがよく分かる結果に。

それは今現在でも、これら楽曲を聴き続けているからこその感想なのだろうか。

でも、もう既に00年代、10年代とダブルディケイドを経て来た楽曲たちであることと考えると、このような企画が現れてくることと、このような楽曲の解釈になるのも、ある意味むべなるかな、と。

まぁ、これを聴いている最中の自分の表情はのっぺらぼうであるか、苦笑いであるかでしたが。

本音はそこから推して知るべし。