音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

GoGo Penguin / GoGo Penguin (2020 96/24)

以前、Apple Musicか何かで少し聴いた時にはそれほど印象に残らなかったのだけれども、何気なしに今作をAmazon Music HDで試聴してみたところ、第一印象でヤラれたので即買い。HDtracksにて。

ピアノ、ベース、ドラムのシンプルな構成ながら、幻想的に音が繰り広げられる。音の重ね方、紡ぎ方も非常にシンプル。

適材適所なエフェクトがそうさせているのか、曲の主張が明快。単なるピアノインストに終わらず、アンサンブルがお互いに絡み合う意思疎通が聴いていて痛快。

ここまで音数が少ないというのに、踊れる要素も十分。トランシーなのだよね。

日本でもピアノインストは盛り上がりを見せているけれども、いやはや、シンプルを好むのは日本人かと思っていたら、UKもなかなかどうして、やるじゃないですか。

日本発のピアノインストはメロディがストレートなタイプが多く見られるけれども、このアルバムはアンサンブルの妙を楽しむタイプのそれではないかと。

これは素直に楽しめる1枚。没入感抜群です。