音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

モーツァルト:ホルン協奏曲全曲 / ザイフェルト, カラヤン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1969/2019 SACD)

若かりし日、吹奏楽をやっていた頃には、ホルンは毒にも薬にもならに楽器だと思っていた鼻持ちならない人間でありました。

この演奏のような美しいホルンの音色を目の当たりにすると、その人間をコテンパンに打ちのめしてやりたい気分になりますな。

どの口がこれを聴いてそんなことを言えるのだと、ね。