音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Bremen / 米津玄師 (2015 FLAC)

過去にこのアルバムは1度ほど聴いているはず。その時のインプレッションにはあえて遡らない。

気持ちを入れ替えて聴いてみたのだけれども、習作ですね、これは。この次にリリースする『BOOTLEG』への予行演習と言った面持ち。

何か突き破れそうで、どうにもその方向性が定まっていない、見つかっていないような感覚。

確かに何か新しいポップスがここから芽生えそうなのだけれども、他との強烈な差異を生み出すことに手探りであるように見えてならないのだよね。

言い換えると先述の『BOOTLEG』で一気にその才能を爆発させることに成功していると分かっているからこそ、このような感想も抱けるのだろうし。