音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

DIVINE DESIGN / 松岡英明 (1987 FLAC)

松岡英明2ndアルバム。

改めて順に聴いていくと、1stはややオーバープロデュース気味だったことが分かる。

本職アレンジャーの西平彰を迎えての本作は、松岡英明のペンによる楽曲の収録数も増え、全体として1stと比較し落ち着いた雰囲気と、それでいてやはりメガポップな印象の残る作風に仕上がっている。

ややウェットな味わいがあるのは、全体としてマイナーチューンが占めているからなのだろう。松岡英明の自身としてのキャリアは、実質ここから始まったとも言えるのかもしれない。

振り返って聴くと、個人的には1stよりもこちらを好んで聴いていたと言う記憶がよみがえった。曲順をそれなりに覚えていたのだよね。なるほど大まかな好みは三つ子の魂百まで、とやらなのだな、と。

DIVINE DESIGN