音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Tapestry / Carole King (1971/2014 DSD64)

先にポストしたNorah Jonesに続いて。

ああ、なんだろうなぁ。「歌の持つ母性」なんて言ったら陳腐過ぎるな。
日本の土壌ではこのような感覚は現れないのだよな。

英語で歌われているから?

違うな。

歌の深みなのですよ。そこが決定的に日本のそれとは異なる。

自分が男性だからそんな気持ちになる?

それはあるかもしれない。

つづれおり