音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2015-12-30から1日間の記事一覧

ニールセン:交響曲全集 / パーヴォ・ヤルヴィ,フランクフルト放送交響楽団 (2015 ハイレゾ 44.1/24)

3番を。ニールセンは楽曲の表情が猫の目のようにくるくる変わって、とらえ所がないところが面白いな。

Stadium Arcadium / RED HOT CHILI PEPPERS (2006/2015 ハイレゾ 96/24)

RED HOT CHILI PEPPERS作品の中でも、あまり聴かないものを引っ張り出して聴く、の巻。死蔵に近いハイレゾ作品が結構あるぞ。

ON THE STREET CORNER 3 / 山下達郎 (1999 CD-DA)

このアルバムもTSUTAYAにて500円で接収。『オンスト』には手は出すまいと思っていたのに、500円で目の前にぶら下げられては接収するしかないじゃないですか!という憤慨を抱えながら再生。うっとり。だから山下達郎怖い。

トライアングル / Perfume (2009 FLAC)

Perfumeもついにブックオフの500円均一棚に降りてきたかと思うと感慨深いものがある。と言うことで迷うことなく接収。レンタルした際に焼いたCD-Rでしか持っていなかったので。もうこのCD-RもPCでは読み取れなくなっているのだよね。で、FLACエンコードした…

ジャクリーヌの涙 / 遠藤真理 (2005/2015 ハイレゾ DSD64)

昨夜、つらつらとe-onkyoサイトを眺めていたら遭遇したチェリストの作品。初耳の奏者でした。チェロを引き立てるオーケストラがまたいい感じ。比較的イージーリスニング的に楽しめるクラシックではないかと。いい意味でね。

FLAT OUT / 安達久美 club PANGAEA (2015 ハイレゾ 48/24)

この作品はあまり耳を通す機会に恵まれなかった。十分にカッコいいし、フュージョンと言うよりはインストゥルメンタルロックしているのにね。今改めて聴いてみて、やはり好みの音源だと思った次第。これは来年以降も引き続き機会がある度に聴いて行きたいと…

Michael Ray / Michael Ray (2015 ハイレゾ 44.1/24)

本日の3枚目に。これを聴いている途中で「2015撰」を書き終えた次第。書こうと思えばつるっと書けるのだよね。腰を上げるまでに時間がかかるだけで。ということで、ここからは入荷してまだ耳を通しきっていない作品を中心に聴いていこうかと。

2015撰

さて、今年も音楽の総決算を。先日さり気なくアップした「2015撰ノミネート作品リスト」の41作品の中から11枚を撰出しました。他の30枚がダメだったわけではなく、41枚の中から強く印象に残った作品、まとめた言葉として残しておきたい作品をピックアップし…

ボトムオブザワールド / eastern youth (2015 ハイレゾ 96/24)

本日の2枚目に。このアルバムは今年、相当に再生回数を稼いだ作品。それまで若干切れ味が鈍りつつあったかな?という流れを、見事な太刀筋で切り落としてくれた鋭い1枚。朝、このアルバムでどれほどの気合いをもらったことか。

Thriller / Michael Jackson (1982/2013 ハイレゾ DSD64)

本日の朝一に。椅子の上で気がついたら朝だった。今年も残るところあと2日。この2日間でいかに密度の濃い音楽生活を送ることが出来るかで、今年の総決算となりそうな気がするので、下手を打たないように慎重かつ大胆に行きますよ。「2015撰」も年内に書き上…