音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-03-09から1日間の記事一覧

Digitalian is eating breakfast / 小室哲哉 (1989/2013 FLAC)

この作品を聴いたことに特に意味は無い。なんとなくシンクラビアな気分を味わいたかったのかもしれないが、そうじゃないかもしれない。

Design & Reason / 槇原敬之 (2019 FLAC)

これまで槇原敬之自身が作ってきたシチュエーション描画の再生産の域に完全に入り始めた。それは歌詞であったり、曲調であったりと言った、曲のコアとなる部分での話。その一方で、奇妙な凄みを帯び始めたのも事実。また何かに吹っ切れたのか、それとも彼に…

Blank Envelope / Nulbarich (2019 ハイレゾ 96/24)

黒っぽいだけのバンドとか、泥臭いバンドとか、一見イカしてそうなバンドが増えているのは良いことだけれども、微妙な洗練さ加減がどうも自分の性に合わない。その点このバンド(ユニット)は、その両方を持ち合わせた上で、特にリズムトラックに趣向を凝ら…

Sunshine Rock / Bob Mould (2019 FLAC)

やっぱりボブおじさんは満面の笑みを浮かべながら抱擁をしてきて、さり気なく背中からナイフをゆっくりと突き刺してくれるわね。なんて明るい殺人ロック。

o1 / SawanoHiroyuki[nZk] (2015 ハイレゾ 96/24)

で、これが通して聴くのが困難だったはずのアルバム。ところがすんなりと聴けてしまいましたよ。これは面白い。相当に面白い。澤野弘之作品を見る目が明らかに変わった。このシステムは、本当に色んな発見を自分に提示してくれる。それだけの費用対効果があ…

R∃/MEMBER / SawanoHiroyuki[nZk] (2019 ハイレゾ 96/24)

それほど期待はせずにAppleMusicで試聴をしてみたのですよ。以前、澤野弘之のアルバムを聴いた際に、その音の詰め込みっぷりが面白いと思うと同時に、聴き通すのにはあまりにも音がやかましすぎるというネガティヴな印象が強く残っていたので。ところが、今…