音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-07-25から1日間の記事一覧

Spectrum / 上原ひろみ (2019 SHM-SACD)

自分の心がこの音楽に追いつけなかったのだと。音楽が先を行き過ぎて、自分が取り残されていたのです。

シューマン:交響曲第4番 / パーヴォ・ヤルヴィ, ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2014 SACD)

ドイツ・カンマーフィルハーモニーの交響曲を2連チャンで。この闊達な演奏を聴いていると、心がすっきりしてきますな。と、連続でクラシック成分を補給したので、身体もサッパリさせてきますかね。シャワーを浴びましょう。

ベートーヴェン:交響曲第3番 / パーヴォ・ヤルヴィ, ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2005/2013 SACD)

父、補聴器導入につき、日中でもテレビのノイズがさほど気にならず。クラシック音楽を楽しむには十分に静かな部屋。と言うことで、これを。ボリュームを上げて聴くドイツ・カンマーフィルは、音の動きがキビキビしていて、ベートーヴェンを意気揚々と鳴らし…

2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST- / T.M.Revolution (2016 96/24)

7月末日までの徹底集中朝散歩は身体を動かすという意味でも、暑さに少しでも慣れておくという意味でも、悪いことは全くないのだけれども、いかんせん、帰って来るなりあまりものダルさに椅子の上で寝こけてしまうのが難点であり。原因は分かっているのです。…

Billboard Live Tour "水響曲" / 斉藤由貴 (2021 Blu-ray)

「魔性の人」と表現すると大げさかもしれないが、画面に知らず知らず引き込むその魅力は、ある種の魔力と言えるのではないかと。

MINT JAMS / CASIOPEA (1982/2016 DSD64)

本日の朝一に。数日ぶりに、朝まで一回も目が覚めずにノンストップ睡眠。