音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

K.AND HIS BIKE / the band apart (2003)

「いや、違うんだ、もっと、こう、じゃきっと、ぐぢゃっと、ぱきっとした、その!」

とか叫びながらそれまでかけていたCDを止めた。で、じゃきっと、ぐぢゃっと、ぱきっとした音楽だからといって密度までにもぐちゃぐちゃを求めるかといったらそんなことではなくてね。

というゾーンにあるわけですよ、こいつは。

で。そのめきょっとしたエネルギーをしゅぱんと受け止めてぱしゅっと放出する力に満ちあふれているのです。今のこのシステムは。

うおー。バンドやりてぇ!