音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BOOWY THE BEST "STORY" / BOOWY (2013)

Disc1を再生。バンドの成長過程が良く分かる流れになっているので、聴いていて非常に微笑ましい。そして次第になんだか退屈なバンドになっていくような気にもなってくるのだよな。初期のシンプルな演奏の方が脆い感じで面白いかもしれない。バンドメンバー全員が一斉に成長をしていく過程を晒しながらCDをリリースしていたという歴史は、今ではあまり味わえない快感かもしれないな。今はみなある程度完成してからデビューに至るという背景もあるので。それだけ録音技術も演奏技術も向上したと言うことなのだろうけれども。