音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

好きなら問わない / ゲスの極み乙女。 (2018 FLAC)

あれ?化けた?いや、より真摯に音楽に向き合うバンドになったのか。

そう思わせるくらいに、バンドとしての楽しさが伝わってくる演奏に耳がぐっと引きつけられた。ここ2作ほど「何を迷っているのかな?」と言う中途半端さがあったのは否めず、今作もさほど期待せずに臨んだのだけれども、いや、裏切られましたね。いい方に。

演奏がよりソリッドになり、必要なテクニックを必要な箇所に上手く置き進めていく感は聴いていて痛快。楽曲も川谷絵音独特のセンスが遺憾なく発揮されている。何かを(ま、明らかなのだけれども)揶揄した歌詞を持った曲もまたご愛嬌。

やっぱり本質は「いいバンド」であるんだな、この人たちは。

好きなら問わない(通常盤)