音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

氷の世界 / 井上陽水 (1973/2006)

自分独りの部屋で鬱々と井上陽水を聴いていると、何か途方に暮れた果てにまでやって来てしまったような気分になる。