音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

無頼豊饒 / 人間椅子 (2014)

うん。この世界観にあっさりハマっちゃったよ。いや、違うな、世界観と言うよりは、曲の構成が意外とイカしているというところに心を奪われてしまったっぽい。

曲の構成は面白いし、演奏も間違いない。歌詞はベスト盤で聴いたほどおどろおどろしいものでもなく、何か得体の知れない不条理を歌うかの如くに変わってきているし。一言で言うと、聴きやすい。ギターがザクザク鳴っているサウンドや、キメの多いサウンドが好きだからというのも理由に挙げられる。

小難しいことを歌っているけれども、小難しいことは抜きにして聴いてみよう。なかなか格好いいハードロックが堪能出来る。今の今まで気づかなかったのがもったいなかったな。「生き延びているイカ天バンド」という認識でしかなかったよ。