音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

META / METAFIVE (2016 FLAC)

面子を見て、わりと硬めのチルアウト系ミュージックで攻めてくるのかなと思いきや、これが結構フィジカルなサウンドで軽く裏切られる。船頭多くして船山に上るにもなり兼ねない面子なのでその辺の危惧もあったのだけれども、それも杞憂。非常に良質で無機質かつ筋肉質な「強い」ナイトミュージックに仕上がっている。

高橋幸宏が面子にいると言うだけで、あのナヨッとしたボーカルがどうハマるのかな?というこれまた危惧していたのだけれども、それすらもしっかりと楽器の中の一つとして取り込まれているので一安心。

いずれにせよ、スノッブにならず、適度にジェントルなサウンドに仕上がっているのは、メンバー間の力関係が上手い具合に作用したのだろうなと予想されるわけであります。ゴージャスな面子だけれども、くどくも軽くもならないと言う良いサンプル。あってもおかしくないようで、なかなかなかったアンビエント・エレクトロ・ダンスサウンド。非常に洋楽的。こう言ったフィジカル、かつスノッブにならないエレクトロはなかなか日本では作りづらいのかね。