音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Stones and Eggs / 佐野元春 (1999 FLAC)

徒花と小品。それがこの作品に対する今の印象。リリース当時は「訳の分からない作品を作ってきたな」と思っていたけれども、今聴いてみると、佐野元春がどこまで自力で自分の楽曲を構築できるかと言うことに対する実験、意欲作であったのだなと言うことが見て取れる。確かに代表曲になるような楽曲は入っていないけれども、どの曲においてのも、どこかしら何かしらの「佐野元春はこんなこともやってみたいんだ」という意思表明のようなものが感じられるのだ。だからこそ、ラストトラックはkjとBOTSにリミックスを任せたのだろうし。