音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Naked & Sweet / Chara (2016 FLAC)

全盛期のCharaはまったくもってNGだったのに、今聴いてみると実はなかなかにバラエティ豊かな楽曲が揃っていて、思っていたよりはつるっと聴けた。こういったボーカルスタイルのシンガーが他にも出てきていたからか?これが(自分が)年を重ねるということか?あの当時は(今さっきまで)「痛い」シンガーだとずっと思っていたのだけれどもね。実の所は繊細なシンガーだったのだなと気がついてみたわけで。

3枚もあるので、ま、暇を見て順次聴いていこうかと。まずはDisc1でした。