音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sugar High / 鬼束ちひろ (2002 FLAC)

で、続いてはこのアルバム。それもこれも外がどんよりとした曇天模様だからではないかと。

あと、打ち込み系の音を聴く気分ではまだない、と言う事もあるかもしれない。

鬼束ちひろは初期三部作的言われ方をすることが多いように思うのだけれども、自分にとっては2ndはちょっと違うのだよね。愛聴盤は1stと3rd。

シングル曲を一切含めない、すなわちコマーシャリズムを排したこの3rdは、鬼束ちひろのこの当時の本質をえぐるかのように迫るものがあって、なかなか心に刺さってくるものがあるのです。

鋼鉄の処女に抱きしめられるようなの苦しみを味わえるかのような作品。