音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

山荘、朝の音楽。

f:id:particleofsound:20200614080952j:plain

f:id:particleofsound:20200614081211j:plain

f:id:particleofsound:20200614084737j:plain

ジャン・ロンドーからのグルダのモーツァルト。そして、ツィメルマンのショパン。

Kindleでたまっていたマンガを読んだり閉じたりしながら。

開け放った窓の外からは、カッコウとホトトギスの共演。

人の人たる生活とは何か、なんて事を考えますな。そこまで大袈裟なものではないけれど。

ただ、のんびりとしてます。