音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番&第2番 / モルク, ヤルヴィ(ネーメ), ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 (2016 SACD)

夜明けのクラシック。サン=サーンスのチェロ協奏曲で。

最初に聴いた時、やや地味な演奏に感じたのは、チェロのフォーカスがやや遠いからなのですね。モルクさん、実によく弾きまくってます。

録音としてはこれくらいが自然なバランスなのかしらね。