音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第3番 / ヤノフスキ, ケルンWDR交響楽団 (2020 48/24)

エッジの鋭さと古典的な重厚さが共存しているというファーストインプレッションはこれを聴いても変わらず。絶妙なバランスであるかのように思えてきた。

聴いていて心が躍る演奏なのだよね。

Spotifyへのリンクを載せてみることにしました。自分が聴いた音源を試聴してもらうには、これが最も手っ取り早い方法なのかな、などと思いながら。

見た目が冗長になるあたりが、自分が思うところのレイアウトの潔さからは若干離れるのだけれども、少しの間続けてみようと思います。