音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Ascension / Black Art Jazz Collective (2020 48/24)

フュージョンからストレートアヘッドなジャズに舵を切る流れで。

懐かしい香りのするサウンドなのに、明らかに今のサウンド。テイストとしてはもしかすると現代ジャズの主流から外れてしまうのかもしれないけれども、自分にはガツンと響くのです。

音楽などはそのようなものであって。メインストリームがどうの、最先端がどうので聴く流れも人生の中では確かにあるだろうけれども、やがては自分に響くか否かと言う選択で聴くようになってくるものです。

そうやって音楽を聴き続けることが出来た人間がここに一人。それが自分という一個人なのでありますよ。歳を重ねていくごとに「音楽≒人生」となり、そして音楽をサヴァイヴし続けております。ほら、人生と音楽がうまくすり替わっているでしょ。